ドローン タイプ

ドローンのタイプ

先月25日(月)に緊急事態宣言も前面解除され、ウイルスと共存しながらも普通の生活に戻りつつある日本だが、この先「第2波」がくるかもしれないし、まだまだ予断を許さない状況は続いている。

完全に収束するまでにはまだまだ時間がかかりそうだ…。

 

さて、ドローンと一概にいってもいろいろなタイプがあり、大きく分けると「自律飛行型」と「ラジコン型」の二つに分けることができるそうだ。

 

自律飛行型ドローンというのは、名前の通り「自律して飛行できる機能を備えたドローン」のことを指し、ビギナーはこのタイプから入るのがいいといわれている。

一般的に、気圧センサー、GPS、ジャイロセンサー等の機能が装備されており、自律飛行型なら目が届かないところまでドローンを飛行させることも可能だ。

自分の見えなところまでドローンを飛ばすのは不安ではあるが、その辺りはGPSがカバーしてくれる。ただ、飛行する場所によってはGPS情報が正確に機能しないこともあるので注意が必要だ。

 

東京メトロでは、東京大学大学院情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センターの協力で、トンネル検査に使用するためのドローンの運用を行うそうだ。

今までは、検査員の目視でトンネル内の構造物の状態を確認していたが、今後は自律型ドローンの活用が多くなるだろう。検査員ではできなかった、高い場所の構造物確認もできるのは大きい。

ただ、ラジコン型ドローンに比べて自律飛行型ドローンは搭載機能が多く複雑な傾向にあるため、ラジコン型ドローンよりも高額になるという。

 

一方、ラジコン型ドローンは、一度でも車や飛行機などのラジコンで遊んだことがある方なら入りやすいタイプといえる。自律飛行型ドローン比べて自分が操縦している感があるので、自立飛行型タイプのドローンよりも飛ばす楽しさはあるだろう。

 

ラジコン型ドローンは機能的にもシンプルなので、プライス的に自立飛行型のドローンよりもリーズナブルになる。ラジコン経験者なら、自分の腕で飛ばせるし入りやすいタイプのドローンといえる。

ラジコン型ドローンは自律飛行型ドローンに比べて、操縦している人のスキル次第で飛び方が大きく変わるため、ビギナーは慣れるまでにかなりの練習が必要になる。

最初はぶつけても大丈夫なように、保護用のバンパーが装備されている安いドローンを購入して、操縦方法や飛ばす練習を重ねるのがいいとされている。

 

なお、「ひとりで練習するのが心配だ」という方もいることだろう。そういった方には「ドローンスクール」をおすすめする。どのスクールを選べばいいか迷った場合だが、関東圏内のドローンスクールをすべて網羅しているこのようなサイトを参考にするといいだろう。

ドローンを購入する以外に費用がかかるわけだが、基礎を磨きながら練習するほうが早く上達することは間違いないと思う。ドローンスクールはドローンマスターへの近道かもしれない。