トイドローンについて

トイドローンについて

ドローンを飛ばすのは、近所でたこを揚げるのとはワケが違い、無人航空機として扱われるため、改正航空法による規制を受けるそうだ。

そして、特定の空域を飛行をするには、事前に許可や承認を取る必要があるのだ。

ただ、特定の空域を飛行するための許可や承認については、ドローンビギナーがすぐに取れるものではなく、一定の飛行実績時間がなければ申請自体が出せないのだ。

 

飛行実績時間は、自己申告で大丈夫なのかという疑問もあるが、ビギナーの場合は、改正航空法の規制に抵触しない場所と飛行方法でドローンの操縦練習をしたほうがいいだろう。

ただし、総重量が200g未満のドローンは「トイドローン」として改正航空法の適用外となる。そのため、規制なんか気にせずにドローンを始めたいなら、まずはトイドローンということになる。

ドローン操作はラジコンの経験がある人なら、そんなに時間をかけずにドローンの扱いに慣れるだろう。全くそういう経験がない人の場合は、慣れるまでに少し時間がかかるかも知れない。

 

何事も見るのとやるのではまったく感じが違うもので、ドローンの操縦は想像以上に難しい。トイドローンならまだいいが、レース用になると時速60kmくらい出るハイスペックなものもある。

ドローンは少し操作をミスることが大きな事故につながりかねない。それこそ、墜落させればまず無傷ということはなく、全損状態になることも多いため経済的なダメージも小さくない。

そういう最悪な状態を回避するためにも、自動ホバリング機能、障害物自動回避機能、自動帰還機能等、操縦者をフォローするファンクションが搭載されているドローンがいいようだ。

 

最後になるが、ドローンを操縦するなら凄い空撮動画を撮りたいと誰しもが思うのではないだろうか。そのためにも、まずはトイドローンで操縦テクニックを身につけなければならない。